• HOME > 
  • 通販サイト制作のポイント

1 ショッピングWebサイト 通販サイト制作のポイント Shopping Web site design

image

インターネットを利用して買い物をするネットショッピングは、支払い方法の簡略化とセキュリティの向上によって急速に普及してきました。このようなインターネットショップは大きく2つに分けることができます。

楽天市場やYahooショッピングに代表される【ショッピングモール】に出店する方法と、独自にドメインを取得して【独立したショッピングサイト】を制作する方法です。それぞれ特徴があるので、販売形態や販売方法に合った出店方法を検討する必要があります。

テーマ デパートのテナント?それとも独立したショップ?

ショッピングモールは様々な業種や業態のお店が出店している【大型デパート】と考えてください。大規模なショッピングモールは1,000店以上といったショップが出店しているので集客もし易く、ショッピングモール共通のポイントサービスや、決済システムも統一されていたり非常に便利な条件になっています。その反面、沢山のショップが混在しているため、業種によっては他店との熾烈な競合が起こります。また、ショッピングモールに準じた出店制限もあり、売り上げに応じたをロイヤリティを支払う場合も少なくはありません。

独立した通販Webサイトの場合は【独立店舗】と考えてください。独自ドメインの独立したショップですので、サーバーの利用範囲内で自由にオリジナリティをアピールすることが可能です。売り上げの一部をサーバー会社等に支払う必要もなく、まさにオーナーの采配で自由にインターネットショップの経営を行うことができます。その反面、独立しているがゆえにショップのPRや告知は全て単独で行う必要があります。キーワード検索で上位表示されることが必須条件であり、SEO対策に力を入れ閲覧者にショップの存在を知ってもらうことが欠かせません。

解決案 営業形態にマッチした出店方法を

インターネットショップを開設することは、実際にテナントを探してお店をオープンさせることとよく似ています。立地条件や店舗スペース、複合テナントか独立店舗なのかなど、検討すべき様々な要素があり、闇雲にホームページありきで制作することはとてもリスクを伴います。

このように販売目的に合った出店方法はインターネットショップを成功させる重要なポイントとなり、自社の営業形態がどちらに向いているか充分に検討することがスタートへの第一歩といえます。

1 2 3 次の項目


TOP


Copyright 2006 Vertex design. All rights reserved.