• HOME > 
  • 現行Webサイトの問題点

1 ホームページリフォーム時期の目安 現行Webサイトの問題点 Web site Reform

現行Webサイトの問題点イメージ

インターネット環境の向上と共に、ホームページも常に変化しています。過去にメニュー部分が別ページに固定されたフレーム構成や、ホームページの全てをFLASHで制作したフルFLASHサイトが流行した時期もあります。そして現在、ホームページ制作のスタイルは用途や目的によって多様化する時期に移行しました。

会社案内的なホームページ制作と商品プロモーション用のホームページ制作では全く作り方が異なります。過去に制作したホームページが現在でも十分に効果を上げていればリフォームの必要はありませんが、アクセスの伸び悩みや、問い合わせが減ってきているなどの症状は、現行のWebサイトに変化が必要な時期に来ている目安になります。

また、ひどいケースではMacのブラウザSafariで正常に表示ができない等の不具合も発生しています。現在運営しているホームページの問題点や改良したい部分を箇条書きにすることで、Webサイトリフォームが必要かどうかの判断材料になるのではないでしょうか。

要点 リフォームを検討すべき代表例

更新を繰り返すうちにデザインに統一感が無くなった

ページの継ぎ足しで一貫性が損なわれ、閲覧者がとても使いにくい状態と予想されます。

フレーム構成のホームページ

フレームページは構造上SEO対策が反映されにくく、アクセスアップが期待できません。

知人等に作ってもらったが、ほとんど更新していない

新しい情報が無いためアピールが弱く、広告宣伝効果が低いと予想されます。

ホームページ担当者が次々と代わり、どうして良いかわからない

Webサイト構成が複雑化しているため、一度掲載情報を整理することが必要です。

ホームページの内容と事業内容にズレが出てきた

内容を整理して、アピールしたい事業内容に絞るのも方法です。

※上記は推奨であり必ずリフォームする必要性がある訳ではありません

1 2 3 次の項目


TOP


Copyright 2006 Vertex design. All rights reserved.